Mori Music TV – オンラインでのギターレッスン
いつでもどこでもオンラインギターレッスン ログイン 会員登録

有料ギターレッスン一覧

ここにあるギターレッスンコンテンツはMoriMusic.TVメンバーのみ利用可能です。

MoriMusic.TV 会員登録ページで、月額料金をご確認ください。

会員登録ページはこちら>>

 

初心者ギター講座

初めてギターにチャレンジされる方を対象になるべく丁寧に説明しています。

今日始めた方が、このコースが終わる頃にホテルカリフォルニアのコード弾きができるように指導して行きます。

  1. チューニングの方法、チューナーについて
  2. ギター演奏時の姿勢、右手・左手について
  3. A add 9th コードの練習
  4. E コードの練習
  5. A add 9th と E コードを一緒に弾いてみる
  6. D add 9th と 八分音符(エイトビート)のストロークについて
  7. 十六分音符(16ビート)のストロークついて
  8. アップストロークについて
  9. G,Cadd9
  10. 違うリズムパターン
  11. オープンコードの説明
  12. オープンコード-C
  13. オープンコード-D
  14. オープンコード-E
  15. オープンコード-G
  16. オープンコード-A
  17. マイナーコードの説明
  18. マイナーコード-Dm
  19. マイナーコード-Am & Em
  20. バーコード-F
  21. バーコード-Fm
  22. バーコード-B & Bm
  23. 実際の曲を弾いてみる-Hotel California (オープンコード)
  24. 実際の曲を弾いてみる-Hotel California (バーコード)

ギターの選び方

どんなギターを買おうか迷っている方に。。。。

  1. ギターの選び方:アコースティック・ギター
  2. ギターの選び方: エレキ・ギター (シングルコイル)
  3. ギターの選び方: エレキ・ギター (ハムバッカー)
  4. ギターの選び方: エレキ・ギター (フルアコとセミアコ)
  5. ギターの選び方:フルアコについて

 

ギター基礎講座

  1. インターバルについて
  2. 耳コピについて
  3. ピックについて
  4. ピッキングについて
  5. ピッキングスタイルについて
  6. ピッキングスタイルについて 2
  7. ジャズギターのピッキングについて
  8. アーティキュレーションについて
  9. リズムについて
  10. リズムについて 2

かっこ良く弾くためのコツ

ある程度弾けるようになって来たのにどうもかっこ良く弾けない、壁にぶつかっている、という方へのシリーズです。

  1. かっこ良く弾くために①
  2. かっこ良く弾くために②
  3. かっこ良く弾くために③
  4. かっこ良く弾くために④
  5. かっこ良く弾くために⑤
  6. かっこ良く弾くために⑥

ブルースギター(2016年バージョン)

  1. ブルースギターについて
  2. マイナーペンタトニックスケール
  3. ブルースコードの説明
  4. ブルースコードを実際に弾く
  5. ブルースコードを実際に弾く②
  6. バッキングの例(シャッフル)①
  7. バッキングの例(シャッフル)②
  8. ブルースコード発展形(9th)
  9. アドリブソロやフィルの弾き方
  10. ピッキングについて
  11. 森孝人流フレージング①異弦同音
  12. 森孝人流フレージング②3弦のチョーキング
  13. 森孝人流フレージング③シーケンス
  14. 森孝人流フレージング④スライドの小技
  15. 森孝人流フレージング⑤フレーズを〆る小技
  16. 小技のピッキングの解説
  17. 森孝人流フレージング⑥ペンタ外音
  18. BBKing特有ののポジション
  19. スライドを使った表現
  20. ニュアンスの使い分け(スラー、ハンマーオン)
  21. レイキング(ブラッシング)を使ったテクニック
  22. ダブルストップを使う
  23. ブルースギター定番のバッキング
  24. イントロ/ターンアラウンド/エンディングの部分の解説
  25. E ブルースのターンアラウンド
  26. A ブルースのターンアラウンド
  27. イントロのアイディア(補足)

 

ブルースギター

  1. ブルースバッキングの基礎
  2. ブルースバッキングの基礎
  3. ブルースバッキングの基礎
  4. ブルースにフレーズを入れてみよう
  5. Eブルース 応用編 パート1
  6. Eブルース 応用編 パート2
  7. Eブルース 応用編 デモ演奏
  8. 5弦ルートの7thコードの作り方
  9. 6弦ルートの7thコードの作り方 
  10. 6弦ルートの7thコード(ルートなし) 弾き方の例 
  11. Gブルース で6弦ルート、5弦ルートのコードをミックスしてみる 
  12. Gブルースのバッキング実際に弾く時の工夫 パート1
  13. Gブルースのバッキング実際に弾く時の工夫 パート2   スライド技
  14. マイナーペンタトニック プラス b5 Position 1
  15. G マイナーペンタトニック Position 2
  16. 4つの音を使ってアドリブをしてみる
  17. ブルーノート(b3 b5) の弾き方
  18. ハンマーオン、プリングオフを組み合わせたパターン
  19. そのキーのルートの音まわりの表現
  20. 実際のアドリブでの例
  21. コードの構成音をアドリブに混ぜる (Ⅰ7)
  22. コードの構成音をアドリブに混ぜる (Ⅳ7& Ⅴ7)
  23. コードを意識した演奏例の解説
  24. ブルースギターの蘊蓄
  25. B.B.King ハイノートの弾き方
  26. B.B.King 特徴的なフレージング例
  27. Buddy Guy ピアノ的なフレーズ
  28. Albert King 弦をスキップするフレーズ & Stevie Ray Vaughan のフレーズ 1 
  29. 3つの音から様々な定番フレーズを作る
  30. Stevie Ray Vaughan のフレーズ2
  31. David T Walker のフレーズ
  32. ピックについて
  33. ブルースギター まとめ
  34. G ブルース デモ演奏
  35. ブルースギターレッスン1 総括

 

Jimi Hendrix のRed House に挑戦

  1. Red House のイントロ
  2. Red House 5-8小節目
  3. Red House 8-9小節目
  4. Red House V7 のフレーズ
  5. Red House 最後の2小節

 

 

Stevie Ray VaughanのSCUTTLE BUTTIN に挑戦

  1. SCUTTLE BUTTIN
  2. 曲構成の説明
  3. メロディーとコードを繫げる
  4. ソロワンコーラス目 解説1
  5. ソロワンコーラス目 解説2
  6. ソロワンコーラス目 解説3
  7. ソロワンコーラス目 解説4
  8. ソロ2コーラス目ピックアップのフレーズ
  9. 2コーラス目、1小節目のフレーズ
  10. 2コーラス目、2小節目のフレーズ
  11. 2コーラス目、3小節目のフレーズ
  12. 2コーラス目、4小節目〜6小節目
  13. 2コーラス目、7小節目〜8小節目
  14. 2コーラス目、10小節目〜最後
  15. ソロ2コーラス目、通しで模範演奏

 

B.B.King スタイルとフレージング

  1. B.B.Kingの特徴について①
  2. B.B.Kingの特徴について②
  3. B.B.Kingの使うポジションその①
  4. ポジションその②
  5. 実際に1コーラスをBBスタイルで弾いてみる
  6. BBがV7の時に弾くフレージングについて
  7. BBの手癖

 

ジャズギター コード編

  1. ジャズギターの基礎を楽しく効果的に学ぶ
  2. その前に、メジャースケールを確認! (インターバルについて)
  3. コードとは? コードトーンについて+トライアド2種
  4. まず4種類のコードを覚えよう
  5. まず4種類のコードを覚えよう ① (M7) 6弦から、5弦から、4弦から
  6. まず4種類のコードを覚えよう ② (m7)
  7. まず4種類のコードを覚えよう ③  (7)
  8. まず4種類のコードを覚えよう ④  (m7-b5)
  9. テンションについて
  10. 4種類のコードにテンションを足して弾いてよう ① M7   9th, 13th, #11th
  11. 4種類のコードにテンションを足して弾いてよう ② m7   9th, 11th, 13th
  12. 4種類のコードにテンションを足して弾いてよう ③ 7       9th, 13th – b9, #9, b13, #11
  13. 4種類のコードにテンションを足して弾いてよう ③ 7 アルタード 9th, 13th – b9, #9, b13, #11
  14. 4種類のコードにテンションを足して弾いてよう ④ m7b5   9th, 11th
  15. メジャースケールのそれぞれの音からメジャースケールの音だけを使ってコードを作る
  16. ダイアトニック・コードにテンションを足してみる
  17. コードの機能(トニック、ドミナント、サブドミナント)
  18. ダイアトニック進行(Ⅰ−Ⅳ)
  19. ダイアトニック進行(Ⅰ−Ⅱm7)
  20. トニック←→サブドミナントの動きについて
  21. ツーファイブ (Ⅱm7-Ⅴ7)
  22. イチロクニーゴー( ⅠM7 – Ⅵm7 – Ⅱm7 -Ⅴ7 )
  23. リズムについて
  24. リズムについて②
  25. ダイアトニックコード以外のコード – Autumn Leaves
  26. ダイアトニックコード以外のコード – Autumn Leaves B Section
  27. セカンダリー・ドミナント・コード
  28. ノン・ダイアトニックのドミナント + 裏コード
  29. ドミナントセブンス
  30. ディミニッシュコード
  31. ディミニッシュコードの説明
  32. Autumn Leaves のメロディ
  33. Autumn Leavesのメロディ – B section
  34. コードメロディについて
  35. Autumn Leaves ベースライン
  36. ベースラインにもう一つノートを足す
  37. ベースライン デモ演奏
  38. Ⅱ-V-I(ツーファイブワン)のベースライン付きコードワーク
  39. コードメロディ Fly Me to the Moon
  40. コードメロディ Fly Me to the Moon パート2
  41. イントロについて
  42. マイナーキーのイントロについて
  43. 枯葉でのイントロの例
  44. Fly me to the Moonでのイントロの例
  45. インテンポのエンディング
  46. エンディングのバリエーション
  47. エンディングについて
  48. Closed Voicing のコード
  49. Closed Voicing のコード Minor
  50. Closed Voicing のコード Major

 ジャズギター フレージング編

  1. ジャズフレージングの始め
  2. A ナチュラル・マイナー・スケール
  3. メロディックマイナースケール
  4. ハーモニックマイナースケール
  5. ドミナントセブンス スケール: ミクソリディアンスケール
  6. リディアンスケール b7
  7. オルタードスケール
  8. ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウ
  9. コンビネーションオブディミニッシュスケール
  10. ホールトーンスケール
  11. C メジャースケールでのフレーズの作り方 – 4度の音を抜いてアドリブ
  12. コードトーンを使ったジャズフレージング
  13. 譜割り – ジャズフレージングのリズムについて
  14. ジャズフレージング – アプローチノートを使う
  15. ジャズフレージング – アルペジオを使う
  16. C メジャースケール を Am7で使う
  17. サブドミナント系コードの説明
  18. Ⅱm7を想定してフレージングを考える
  19. ドミナント7thコードのおさらい
  20. ドミナントコード上のフレージング
  21. ドミナント7th:4つの音でフレーズを組み立てる
  22. 最初の4つをⅡm7のフレーズにして、後半の頭にⅤ7の3度などから始まるフレーズにつなげる
  23. 2つのⅤ7フレーズをグループをつないでみる
  24. フレーズをつなげる方法
  25. アーティキュレーションについて
  26. m7-b5のフレージング
  27. ドミナント7th上で使えるスケール
  28. m7を意識してのフレージングについて

ジャズギター リックス編

  1. ピッキングスタイルについて
  2.  ピッキングスタイルについて 2
  3.  ジャズギターのピッキングについて
  4. 枯葉」 実際のフレーズの解説 1
  5. 枯葉」 実際のフレーズの解説 2
  6. 枯葉」 実際のフレーズの解説 3
  7. 枯葉」 実際のフレーズの解説 4
  8. 枯葉」 実際のフレーズの解説 5
  9. 枯葉」 実際のフレーズの解説 6
  10. 枯葉」 実際のフレーズの解説 7
  11. 枯葉」 実際のフレーズの解説 8
  12. 枯葉」 実際のフレーズの解説 9
  13. 枯葉 (サビ)」 実際のフレーズの解説 1
  14. 枯葉 (サビ)」 実際のフレーズの解説 2
  15. 枯葉 (サビ)」 実際のフレーズの解説 3
  16. 枯葉 (サビ)」 実際のフレーズの解説 4
  17. 枯葉 (サビ)」 実際のフレーズの解説 5
  18. 枯葉 (サビ)」 実際のフレーズの解説 6
  19. 枯葉 (サビ)」 実際のフレーズの解説 7

Blue Bossa

初心者〜中級者の方でも、ジャズのジャムセッションに行くとよくやる曲と言うことで、「ブルーボッサ」を取り上げました。
ただ単にフレーズを解説するだけでなく、その時にどういうことを考えていたのか等も詳しく解説します。

「Blue Bossa」 1コーラス目の譜面はこちら>>

「Blue Bossa」 2コーラス目の譜面はこちら>>

「Blue Bossa」 3コーラス目の譜面はこちら>>

「Blue Bossa」 4コーラス目の譜面はこちら>>

  1. 「Blue Bossa」 コード進行の説明
  2. 「Blue Bossa」 実際にコードを弾いてみよう
  3. 「Blue Bossa」 今回のアドリブ
  4. 「Blue Bossa」 1コーラス目 1〜2小節
  5. 「Blue Bossa」 1コーラス目 3〜8小節
  6. 「Blue Bossa」 1コーラス目 9〜12小節
  7. 「Blue Bossa」1コーラス目 13〜14小節 
  8. 「Blue Bossa」 1コーラス目 15〜16小節
  9. 2コーラス目頭 
  10. 2コーラス目 4小節目〜7小節目
  11. 2コーラス目8小節目〜11小節目
  12. 2コーラス目12小節目〜最後
  13. 3コーラス目頭〜5小節目
  14. 3コーラス目6小節目〜8小節目
  15. 3コーラス目9小節目〜12小節目
  16. 3コーラス目13小節目〜
  17. 3コーラス目最後
  18. 4コーラス目3小節目〜8小節目
  19. 4コーラス目9小節目〜12小節目
  20. 4コーラス目最後4小節

「Blue Bossa」 演奏はこちら>>

ファンクギター

  1. James Brown: Sex Machine
  2. James Brown: Sex Machine イントロ&ブリッジ
  3. James Brown: Papa’s Got a Brand New Bag
  4. James Brown: Give It Up or Turnit a Loose
  5. James Brown: Talkin’ Loud and Sayin’ Nothing
  6. James Brown: Super Bad – A Section
  7. James Brown: Super Bad – Bridge
  8. James Brown: Soul Power – A Section
  9. James Brown: Soul Power – B, C Section
  10. 7th コードを使って弾くファンクギター
  11. 7th コードを発展させる
  12. 9th コードを発展させる
  13. 9th コードを発展させる ②
  14. 右手のテクニックについて
  15. ファンクギターでよく使うコードを発展させる
  16. マイナー 7thコードで使えるファンクギターの技
  17. A マイナー 7thコードで使える技

リズムギター講座

  1. リズムギターの基礎について
  2. アンサンブルのなかでのカッティングについて
  3. シングルノートでのリフの作り方
  4. 複音でのリフの作り方
  5. リズムギターのサウンドについて
  6. チャック・ブラウンのゴー・ゴー・サウンドについて
  7. コード進行に対するリズムギターのアプローチ
  8. アンサンブルに鍵盤がある時のリズムギター

ナイル・ロジャースのスタイルに挑戦

  1. ナイル・ロジャーズが弾くダイアナ・ロスの『I’m coming out』に挑戦
  2. 実際の演奏例
  3. カッティングの細かい解説
  4. コード、使える技、右手の形について
  5. Chicの『Le Freak』 のカッティング

 

ボサノバギター

  1. ボサノバギターの右手と左手について
  2. ギターについて
  3. バチーダについて
  4. ベースノートを足してみる
  5. 6弦ルートのコードでのバチーダ 
  6. シンコペーションについて
  7. バチーダに1弦の音を足す
  8. 違うシンコペーションのパターン
  9. 左手について
  10. バチーダにアルペジオを足すパターン
  11. ノリについて
  12. ボサノバギター・デモ演奏
  13. クラベスのリズムパターン
  14. パルチードアルトについて
  15. 実際の曲での練習:イパネマの娘
  16. 実際の曲での練習:イパネマの娘 (サビ)
  17. 実際の曲での練習:Over the Rainbow
  18. 実際の曲での練習:Over the Rainbow(サビ)
  19. 実際の曲での練習:小舟/O BARQUINHO
  20. 実際の曲での練習:ウェーブ/WAVE
  21. 実際の曲での練習:ウェーブ/WAVE(サビ)
  22. 実際の曲での練習:イパネマの娘(上級者編)

 

R&B ギターレッスン

  1. メジャートライアド
  2. メジャー7thコード(5弦ルートポジション)
  3. マイナー7thコード(5弦ルートポジション)
  4. 7thコード(5弦ルートポジション)
  5. メジャートライアド(6弦ルートポジション)
  6. メジャー7thコード(6弦ルートポジション)
  7. マイナー7thコード(6弦ルートポジション)
  8. 7thコード(6弦ルートポジション)
  9. Loving You的進行を弾いてみる
  10. IM7-I7-Ⅳ7-bⅦ7を弾いてみる
  11. 三度のダブルストップについて

Marvin Gayeの”What’s Going On”

  1. コード進行とそれぞれのコードの分類の考え方について
  2. トニックのフレージングの考え方
  3. サブドミナントのフレージング
  4. Am7バンプの部分
  5. 復音のフレーズを混ぜてソロをよりR&B的にする(トニック篇)
  6. 復音のフレーズの続き(サブドミナントでもトライ)
  7. 3度のハーモニーを使う
  8. デモ演奏(最初の12小節をループしてます)

ショート”TIP”シリーズ

講師の経験からくる、ちょっと知っておくと役に立つコーナーです。
『ジャムセッションでかっこ良く弾くために』

  1. E7一発のVampでのアプローチ① 会話的なアプローチ
  2. その② コードの一部をアクセントに使う
  3. その③ 開放弦のポジションの活用
  4. その④ ゴスペルギターの音使いを入れてみる

 

Spinnersの名曲 ”It’s a shame” に挑戦

  1. イントロ部分のコード進行の説明と分析
  2. イントロの2本のギターをまとめて弾いてみる
  3. Aメロ部分のコード進行のチェックとバッキングの例1
  4. Aメロのバッキングの例2
  5. サブドミナントとサブドミナント・マイナーの捉え方
  6. サブドミナントートニックの繰り返し部分のアドリブのアプローチ
  7. トラックを使って実際に弾きながら説明します
  8. サブドミナントマイナーのアプローチ(1) ブルージーに乗り切る
  9. その(2) アルペジオを使ってコード感を強調
  10. Aメロ部分のアドリブの演奏例

 

ジャズ・ブルース ギターレッスン

  1. ブルースをJazzyに弾く方法
  2. Bb7 (I7) を想定したフレージング Position 1
  3. Bb7 (I7) を想定したフレージングにテンションを足す
  4. 今までのワザを混ぜたBb7のフレーズの紹介
  5. Eb7(Ⅳ7)を想定したフレーズ
  6. Bb7(Ⅰ7)のPosition 2
  7. F7(V7)を想定したフレーズ
  8. マイナーペンタトニックスケール Position 2
  9. マイナーペンタトニックスケール Position 3
  10. ジャズブルースの進行
  11. ブルージーに弾く場合____Edim(#Ⅳデミニッシュ)の乗り切り方
  12. ブルージーに弾く場合____G7(Ⅵ7)とCm7(Ⅱm7)の乗り切り方
  13. ジャズ的なアプローチの説明
  14. G7(Ⅵ7)の弾き方
  15. Cm7(Ⅱm7) コードトーンを繋いでひく方法
  16. ドミナントモーションを表現する
  17. ジャズブルースのまとめ

 

ジャズ・ロック ギターレッスン

  1. 「ジャズロック」について 〜 デモ演奏 Cantaloupe Island
  2. ジャズロックの音色について
  3. ワウペダルについて
  4. アンプについて
  5. トレモロバーの使い方
  6. E マイナーペンタトニックを使う
  7. 引き続き様々なペンタトニックを使用する
  8. B7 (V7) を想定したアプローチ
  9. F7を想定したフレーズ、Ebm7を想定したフレーズ
  10. Outside のアプローチのまとめ
  11. Cantaloupe Island のコード進行の説明
  12. Cantaloupe Island のスタンダードな弾き方
  13. Cantaloupe Island デモ演奏①
  14. デモ演奏①のアプローチを詳しく解説
  15. Cantaloupe Island のワンランク上のアプローチ
  16. デモ演奏②
  17. デモ演奏②のアプローチを詳しく解説

 

オープンコードを利用した一歩進んだコードワーク

  1. オープンコードを利用したコードワークの説明
  2. オープンEコードの形を使った利用方法
  3. オープンDコードの形を使った利用方法
  4. オープンCコードの形を使った利用方法
  5. オープンAコードの形を使った利用方法
  6. オープンGコードの形を使った利用方法
  7. 実際にコード進行を弾いてみる
  8. その他のアイディア
  9. 別のコード進行での練習

 

ロックギター講座

このコースでは、すべてのロックギターの源流のひとつ、チャックベリーのスタイルと、その流れを追っていきます。
主に復音のリフや、特徴のある音使いで、弾けるようになると楽しいし、便利だと思いますので、一緒に練習しましょう!

  1. Johnny B Goode の解説と、バッキングのやり方
  2. Introの弾き方 1小節目
  3. Intro 2小節目
  4. Intro 3小節目
  5. Intro 4小節目
  6. Intro 5〜8小節目
  7. Intro 9〜12小節目
  8. 曲中(サビ)のフレーズ
  9. ギターソロの頭の決めフレーズ

Jimi Hendrix スタイル Little Wing

このコースではジミヘンドリクスの名曲「Little Wing」に取り組みながら彼のアプローチを研究してみたいと思います。
今では、もうロックギターの定番のアプローチにもなっていますが、彼は元々R&BやBluesの強い影響のもとギターを弾いていましたから、特にコードワークはとても巧みです。
コードタイプに注目して練習すれば、他の曲にも使えるオイシい技がたくさんあります。
是非、挑戦してみてください。

  1. コード進行の説明
  2. イントロの弾き方 1〜4小節目
  3. イントロの弾き方 5〜10小節目

 

Funk Rock Guitar Lessons

  1. ファンクロック講座
  2. ファンクロック講座始まり
  3. ペダルポイントを設定して弾く
  4. シーケンスフレーズ
  5. 別の三音のパターン
  6. 二つのパターンを組み合わせる 6音のパターン
  7. 5音のパターン
  8. Eric Gales の5音パターン
  9. 6音のパターン (スウィープピッキング)
  10. IV7を想定したフレーズ
  11. IV7を想定したフレーズ② A Minor ペンタトニックを使う (4度の音から始まるマイナーペンタトニックスケール)

 

Jimi Hendrix のRed House に挑戦

  1. Red House のイントロ
  2. Red House 5-8小節目
  3. Red House 8-9小節目
  4. Red House V7 のフレーズ
  5. Red House 最後の2小節

 

アメリカ西海岸で主流になっているギターのスタイル

  1. アメリカ西海岸で主流になっているギターのスタイル①
  2. アメリカ西海岸で主流になっているギターのスタイル②
  3. アメリカ西海岸で主流になっているギターのスタイル③
  4. コードを弾きながらワーミーバーの使い方 実際の演奏
  5. コードを弾きながらワーミーバーの使い方
  6. ひとつのコードをふたつのポジションで弾く

 

ブルースギター(R&B的なアプローチ)

  1. ブルースギター(R&B的なアプローチ)デモ演奏
  2. ブルースギター(R&B的なアプローチ)
  3. C7での音使いについて
  4. 最後の4小節

 

速弾きに必要な知識について

  1. 右手の動き
  2. 左手の動きと、テクニック
  3. スウィープ・ピッキング

 

親指弾きについて

  1. 親指弾きについて色々

 

ジャズギター中級編

コードを元にフレーズを作ってみよう。
  1. Dm7を例に指版上の構成音の分布をチェック
  2. 1、m3、5、m7(コードトーン)をチェック
  3. コードトーン+11=マイナーペンタトニック
  4. コードトーン+9+11(音のチェック)
  5. コードトーン+9で実際にフレージング
  6. コードトーン+9のフレージング(デモ演奏)
  7. デモでのフレーズの解説
  8. コードトーン+9+11(音のチェック)
  9. コードトーン+9+11のフレージング(デモ演奏)
  10. デモ演奏でのフレーズの解説
  11. コードトーン+9+11+13のフレージング(音のチェック)
  12. コードトーン+9+11+13のフレージング(デモ演奏)
  13. デモでのフレージングの解説

 

メジャー7thコードでのフレージングを考える

  1. CM7を例に構成音の分布とサウンドをチェック
  2. コードトーンに9、13を足してみる
  3. コードトーン+9+13のフレージングの考え方
  4. コードトーン+9+13のフレージング(デモ演奏)
  5. デモ演奏の解説
  6. 4度の使い方について
  7. 4度の使い方(デモ演奏)
  8. デモの解説

 

II-V-I(ツーファイブワン)

  1. Ⅱ−Ⅴ−Ⅰ
  2. G7の3度につなぐ演奏(デモ)
  3. CM7の所を弾いて全体的なサウンドをチェック
  4. デモ演奏
  5. G7のb9につなぐ演奏
  6. G7のb9につなぐ演奏(デモ)
  7. デモ演奏の解説
  8. 3度に解決した後に行く様々なオプションについてチェック①
  9. 3度に解決した後に行く様々なオプションについてチェック②
  10. Ⅴ7上でのフレージングを流れの中から/フレーズ1&2
  11. フレーズ3(&バリエーション)
  12. フレーズ4(&バリエーション)
  13. フレーズ5 (&バリエーション)
  14. 8分音符のノリについての(長〜い)おはなし
  15. ブルースフレーズをバランス良く入れる

 

George Bensonの名演・Affirmationに挑戦

  1. イントロのルバートの部分の解説
  2. コード進行の説明
  3. テーマのメロディーの解説
  4. インタルード部分(Bbキーへの転調)の解説
  5. テーマ頭に戻った部分の解説
  6. アドリブソロの解説その①(Bm7-Am7/D7-GM7-GM7)
  7. その② (E7-E7-A7sus-A7sus)
  8. その③ (Asus7上の速弾きフレーズ)
  9. その④(Em9-Em9-Bm11-Bm11)
  10. その⑤ (Em9-Em9-Bm11-Bm11)
  11. その⑥ (Bm11上の速いフレーズ2つ)
  12. その⑦ (Bm7-Am7/D7-GM7)
  13. その⑧ (Gm7onC から最後まで)

 

ピッキングの練習方法

  1. ピッキングの基本的な考え方
  2. ピックの種類
  3. 弦の感覚(と間隔)を右手に覚えさせる
  4. ダウンピッキング        
  5. ダウンピッキングのエクササイズ①
  6. ダウンピッキングのエクササイズ②
  7. ダウンピッキングのエクササイズ③ アルペジオ
  8. ダウンピッキンングのエクササイズ④ アルペジオ応用
  9. オルタネートピッキングの考え方
  10. オルタネートピッキングのエクササイズ①
  11. オルタネートピッキングのエクササイズ②
  12. ピッキングの使い分けと、音楽性の話

 

ゴスペルギター講座

ゴスペル音楽はいつの時代もR&Bやファンクなどの黒人音楽と一緒に発展してきました。

ここでは現在ゴスペル音楽でよく使う技法を紹介します。

  1. ゴスペルギターについて
  2. 3声でトライアドを弾く
  3. パッシングコードを混ぜる①
  4. パッシングコードを混ぜる②
  5. それぞれのトライアドに他の音を絡める
  6. 2声のハーモニーで弾く
  7. 単音のリフのピッキング
  8. アクセントとニュアンス
  9. ゴスペルでよく使うコードと考え方

循環に挑戦!

「循環」とは一体なんなのか?という講座です。ジャズのレパートリーではブルースと並んで演奏することの多い形式です。

  1. 循環に挑戦!①
  2. 循環に挑戦!②
  3. 循環に挑戦!③ アドリブ [A]
  4. 循環に挑戦!④ アドリブ [A]
  5. 循環に挑戦!⑤ アドリブ [A]
  6. Bの部分の解説
  7. Bのアドリブ①コードトーン
  8. Bのアドリブ②コードとコードをつなげる
  9. Bのアドリブ③オルタードテンション、裏コードを使用

マイナー・バンプ

  1. マイナー・バンプについて
  2. マイナースケールの説明
  3. ナチュラルマイナーの中のトライアド
  4. ドリアンスケールの中のトライアド
  5. メロディックマイナーの中のトライアド
  6. ハーモニックマイナーの中のトライアド

 

上級者向けアイディア集

  1. II-V-I で使えるコードワーク①R&B風
  2. II-V-I で使えるコードワーク②ジャズ、ゴスペル風
  3. トニックで使えるトライアドとフレーズ

スタンダードジャズの人気曲・Stella by Starlightに挑戦!

  1. テーマのコードメロディー(デモ演奏)
  2. 最初の2小節(Em7b5-A7)の部分
  3. 3〜8小節目の部分
  4. 次の8小節
  5. サビの部分
  6. 最後8小節

Stella by Starlight アドリブレッスン

  1. 冒頭の2小節(Emb5-A7)
  2. 次の2小節(Cm7-F7)
  3. 5、6小節目(Fm7-Bb7)
  4. 7、8小節目(EbM7-Ab7)
  5. 9、10小節目(BbM7- Em7b5/A7)
  6. 11、12小節目 (Dm7- Eb7) 
  7. 13、14小節目(FM7-Gm7)
  8. 15、16小節目(Am7b5-D7)
  9. サビの後半(Ebm7-Ab7-BbM7-BbM7)
  10. サビの最後からの続き(24小節目〜28小節目)
  11. 最後の4小節

Stella by Starlight アドリブレッスン 2

  1. 最初の2小節(Em7b5-A7)の部分
  2. 3小節目〜8小節目まで(Cm7-F7, Fm7-Bb7-EbM7-Ab7)
  3. アドリブのデモ演奏(9-17小節)
  4. 9小節目〜13小節目まで(BbM7-A7-Dm7-Eb7, FM7)
  5. 14小節目〜17小節目(Gm7-Am7b5-D7-G7)
  6. アドリブのデモ演奏(17-24小節)
  7. 18小節目(G7)
  8. 19小節目/20小節目(G7-Cm7)
  9. 21小節目〜24小節目(Ab7-Ab7-BbM7-BbM7)
  10. アドリブのデモ演奏(25-32小節)
  11. 25小節目〜最後(Em7b5-A7-Dm7b5-G7-Dbm7/Gb7-Cm7/F7-BbM7)

Stella by Starlight アドリブレッスン 3

  1. 最初4小節(Em7b5-A7-Cm7-F7)
  2. 次の4小節 (Fm7-Bb7-EbM7-Ab7)
  3. 次の4小節 (BbM7-Em7b5/A7-Dm7-Eb7)
  4. 次の4小節 (FM7-Gm7-Am7b5-D7)
  5. サビの最初4小節(G7+5 – G7+5 – Cm7- Cm7)
  6. サビ後半 (Ebm7-Ab7-BbM7-BbM7)
  7. 最後のAの部分前半(Em7b5-A7-Dm7b5-G7)
  8. 最後4小節(Cm7b5- F7 -BbM7- BbM7)
  9. Stella by Starlight アドリブはこちらから
  10. Stella by Starlight のTAB譜はこちらから

 

コンテンポラリー・ブルース・コース

  1. コースの概要
  2. Stevie Ray Vaughan の “Lenny”
  3. Stevie Ray Vaughan の “Riviera Paradise”
  4. “Riviera Paradise” テーマ
  5. Eric Gales の “Little Wing”
  6. Eric Gales コード
  7. Robert Cray のコードにビブラートをかけるフレーズ
  8. マイナーペンタのポジション①&④
  9. マイナーペンタのポジション②
  10. ポジション②のフレーズ例
  11. マイナーペンタのポジション③
  12. ポジション③のフレーズ例
  13. マイナーペンタのポジション④
  14. ポジション④のフレーズ例
  15. マイナーペンタのポジション⑤
  16. ポジション⑤のフレーズ例
  17. グルーブの感じ方と、ソロのリズムの違いについて
  18. 実際のフレージングでの譜割り

Copyright © MoriMusic.TV, All rights reserved
http://www.morimusic.tv/wp-content/themes/motionpicture